学習方法と家庭教師

子供を持つ母親なら、一度は自分の子供の学力がその年齢のレベルに達しているか不安になります。
小学校では先生はよほどの学力でない限り「大丈夫です」と答え、その代わりに学習態度や日常生活についての問題点を述べられます。

学力についてはほとんど問題視さていません。
そのまま中学校に入ると最初の中間テストではっきりと学力の差が出ます。
最初のテスト内容は小学校の基礎知識プラス2か月ほど中学校で学んだ範囲がテストに出ます。
そしてはっきりと点数に表れるため、小学校の基礎ができていない事に愕然とします。
中学校では点数とその科目の平均点と学年順位が出され、内申点に影響してきます。
「なぜ中学1年生の中間テストでそんなに目くじら立てる必要があるの」と思うかも知れませんが、すべては高校受験があるからです。

高校受験は内申点が重要視されての受験です。
内申点が取れていないと行きたい高校があっても受験内容に合っていなければ願書は提出できず受験をさせてもらえません。

ではどうすれば良いのでしょう。
義務教育である中学校がなんとかしてくれると思われがちですが普段の中学校では補習をしてもらえません。
家庭での補習でしか望めないのです。
そこで家庭学習か校外学習かの選択をします。
家庭学習には市販の問題集を購入する方法と通信教育そして家庭教師があります。
校外学習には塾や専門塾、個別学習塾等があります。

自分の子供に合った学習方法を見つけて早期に遅れを取り戻しましょう。
きっと子供に合う学習方法があります。


▽推薦サイト
一流の家庭教師のみを選抜して派遣しているサービスです ⇒ 家庭教師